家計にゆとりをもたせるために少しでも節約したいなら、家計簿をつけてみましょう。ただ毎日の収支を記入するだけでなく、家計の助けとなるヒントが見出せるような、上手な家計簿の取り方をしていけば節約上手になれます。

家計簿をつけるメリットとは?

家計簿をつけ始めると、お金の流れが明確になります。どのような収入があって、どんな内容の支出があったのかがはっきりと見えてくるようになるので、お金の使い方のバランスがわかってきます。少し支出が多すぎるなと感じる部分を意識して抑えていくことで、結果的に節約への近道になります。また1か月単位での収支がわかることで、来月は収支のバランスを合わせられるようにしようと目的意識を持つことができ、節約へのモチベーションも上がるでしょう。それを家族と共有することで、家族にも節約の意識が浸透していきます。家計簿は家計管理術の代表的なものといえます。

家計簿をつけ始める時のポイントとは?

家計簿をつけるうえで1番大切なことは、目標を決めることです。家の購入資金、旅行、子どもの進学費用など、具体的な金額や期間をはっきり決めておきます。そうすることで節約が苦しいという感覚から、ゴールに向かうチャレンジへと変わるでしょう。次に大切なのは自分にとってつけやすい家計簿の種類を選ぶことです。一般的なノート形式のものに記入していくタイプや、パソコンのエクセルを使用して管理するもの、パソコンソフトやスマートフォンのアプリに打ち込んでいくだけのものなど、さまざまな種類があります。自分がストレスを感じることなく、長期的に続けられる形式をとることが重要です。家計簿の種類が決まったら、なんでも細かく記入していこうと思わないことです。はじめは大まかに、ざっくりとした項目を決めることから始めましょう。例えば、給与やボーナスなどの「収入」と家賃や光熱費、通信費などの毎月決まった「固定支出」、食費や医療費、交際費など毎月変わる「変動支出」に分けます。項目が決まったら、それぞれに予算を決めていきます。最初は予算をたてるのも難しいですから大まかに分けておいて、何か月か家計簿をつけてみて月々の変化を見定めながら最終的な予算を決めます。ここでもっとも節約のポイントになるのが、予算の中から先取り貯金をしておくことです。予算の余った分を貯金に回そうと思っても、なかなか難しいものです。それをはじめからなかったものとして貯金に回しておけば、予算内でやりくりしようという家計管理術につながります。

家計簿は続けていくことに意味がある!

家計簿をつけることに慣れてきたら、毎日つけることにこだわるのはやめましょう。つけ忘れた日が続いて、レシートが溜まってしまうと面倒くさいという気持ちになって家計簿自体をやめてしまうことになりかねません。そうなってしまってはせっかくの家計簿の習慣が無駄になってしまいます。数日~1週間分をまとめてつけて、大まかな収支を把握するようにします。厳密にいくら使ったかではなくて、何にいくらくらいつかっているのかのバランスがわかればいいのです。ゆとりをもって家計簿と向き合うようにしましょう。そして1か月ごとに見直してみることが重要です。予算の範囲内で収まったのか、オーバーしてしまったのかを確認し、翌月の予算決めに役立てていきます。同時に節約できそうなポイントを見つけて改善していくようにします。

家計簿には節約のヒントがある!

家計簿は面倒くさいものという意識があるかもしれませんが、細かい厳密なものをつけようとしなくてもいいのです。最初は、1か月のお金の流れを把握することから始めましょう。無意識に使っていたお金が見つかるヒントが隠れているかもしれません。それが節約の第一歩になります。収入と支出のバランスを合わせ、先取り貯金を徹底していくことで、節約意識も高まります。家計簿のスタートとともに目標をたてて、ゴールに向かって節約を頑張るとやる気も持続します。

関連セミナー