家計の中でも、比較的大きな支出の割合を占めるのが光熱費です。光熱費は高くても仕方がないと、諦めることはありません。毎日の生活習慣を少しずつ見直せば、誰でも節約することができます。光熱費の削減は家計にも、環境にも優しいものです。毎日ちょっとした工夫を心がけましょう。

光熱費の半分を占めるエアコン代

エアコンを使う季節は、光熱費が跳ね上がる傾向にあります。快適な生活にエアコンは欠かせないものなので、賢く使って節約を実践しましょう。
エアコンの設定温度は夏が28℃、冬で20℃です。冷房の場合、1℃上げておくだけで10%もの節電になります。まだ物足りないという場合は、サーキュレーターや扇風機を併用すると良いでしょう。エアコンをつける前に、部屋の窓を開けて外気を入れておくのもポイントです。
風量は微風や弱風よりも、自動にしておく方がエコになります。スイッチはこまめにオンオフしないこと。家を1時間ほどあけるくらいなら、つけたままの方がお得です。
エアコンを長時間使わない時期にはコンセントを抜いておきましょう。最近のエアコンは待機電力がわずかな量となっているので、使用する時期はさしたままで問題ありません。
夏場は室外機に直射日光が当たっていると、多くの電力を消費します。室外機から1mほど離れた場所に日よけをして影を作ったり、打ち水などで冷やしてあげると良いでしょう。冬は反対に、日光が当たっている方が節約できます。吹き出し口前に物を置かないようにすることも大切です。
エアコンのフィルター汚れは、2週間に1度掃除をするのが理想です。面倒に感じるでしょうが、埃がこびりつく前に綺麗にする方が掃除が簡単です。光熱費の節約にもなりますし、綺麗な空気を部屋に送り込んであげましょう。

冷蔵庫の節約術

エアコンの次に消費電力を占めるのが冷蔵庫です。冷蔵庫の中は綺麗に整理して、物を詰め込みすぎないようにしましょう。冷風口の前にも物を置かないようにして下さい。
冷凍庫は逆で、中に物が詰まっていた方が電気代が安くなります。肉などまとめ買いをしたならば、冷蔵庫に入れる前に下処理をして、冷凍保存する方がお得です。
冷蔵庫の扉を開ける回数や時間は、少ない方が当然節約になります。冷蔵庫の中が整理されていないと、食品を探して取り出すのに時間がかかるので注意して下さい。例えば朝ごはんに必要なセットを100均の箱にまとめて入れておくというのも有効です。毎朝サッと箱を取り出せば、あれこれと探す時間の短縮につながります。

ガスと水、電気の使い方

お湯を使う量が増えると、ガス代も高くなります。お風呂に入る時はシャワーを流したままにしない、湯船に湯をためすぎないなど注意して下さい。水道代の節約にもつながります。
調理をする時、鍋底から火が大きくはみ出ている状態では火力が強すぎます。フッ素コーティングがしてあるフライパンなどは、強火にしすぎると劣化が進むので注意が必要です。食品は、あらかじめレンジでチンしてからガス火にかけた方が、早くに料理が仕上がって時間と光熱費の節約ができます。食品が火で焦げすぎてしまうこともありません。
オール電化住宅の場合でも、同様に時短を意識して生活することを心がけましょう。時間帯によって電気料金が変わるプランを選択できるので、生活スタイルや家族の構成に合わせて選択します。電気代が安い時間に、まとめて用事を済ませるなど工夫をしてみて下さい。

まとめ

少しの意識をした行動で、光熱費はいくらでも削減できます。毎日わずかな節約だとしても、軽視してはいけません。家計が潤うだけではなく、多くの人が実践することで大きく地球環境にも貢献ができるのです。使用していない部屋の電気はこまめに消す、夜寝る時にはテレビの主電源を消すなど、簡単なことからでも良いので習慣にしてみましょう。
10年以上使っている家電製品があれば、買い替えを検討するのも方法です。最新の家電は消費電力が少ない商品になっているし、古い製品は安全面でも不安が出てきます。家電には寿命がありますので、計画的に貯金をしておきましょう。

関連セミナー