毎日使うキッチンが使いやすくてスッキリと片付いていると、探し物をする時間が短縮して効率よく作業ができます。しかしいつも綺麗な状態にキープするというのは、難しく感じる人も多いのではないでしょうか。キッチンを使いやすくするには、いくつかのポイントがあります。

キッチン用品の見直しからはじめる

まずは収納しているキッチン用品を全部見直してみましょう。いつも同じボウルや鍋ばかり使ってはいませんか。底で眠っているキッチン用品が沢山出てくるかもしれません。例えば子供が小さい時に使っていたキャラ弁グッズや、もう使わなくなった弁当箱。ライフスタイルの変化により、以前は頻繁に使っていた物でも、今後は使う機会がない道具もあるはずです。キッチンの収納スペースには限りがあるので、使っていない物は処分を検討しましょう。
今使っている道具でも「他で代用できそう」というグッズがあれば、箱にまとめて別の場所へ一時保管してみましょう。それでも不便なく家事がはかどるようなら、それは必要ないのです。
物の数が減ると、それだけスッキリと収納することが可能になります。必要な時に必要な物がサッと取り出せる状態が理想です。

「どこで使う物か?」を考えて収納する

次に家事の動線に合わせた収納をしていきます。ザルやボウルはシンクで使うことが多いので、シンク下に収納。鍋やフライパンはガスで使うからガス台の下へ。そうやって使う場所ごとに収納すれば、作業をする時の無駄な動きが少なくなります。道具は出来るだけ立てて収納するのがおすすめです。収納BOXで区切りながら、必要な時に道具を簡単に取り出せる状態にするのがコツ。
ボウルやフライパンなどは、スタッキングできるものを数個ずつ用意しておくとスペースをとりません。ただし何個も重ねてしまうと今度は取り出すのにストレスがかかります。自分に合った道具の数を、ここでも再度検討してみましょう。

ガス台周辺には何も置かない

ガス台付近にお玉や菜箸など、キッチンツールを出して収納している家庭も多いです。しかしここは油や食材が飛び散るエリア。何も置かない方が家事が楽です。物がなければ、調理が終わった後に都度汚れをサッと簡単に拭き取ることができます。そこに何かがあるだけで、拭き作業が何となく面倒に感じて「まあ、今度でいいか」と後回しに。すると、いざ掃除を始める時に汚れがこびりついていて大変な状況なのです。しばらく出したままで、使っていないツールがあるとしたら、それはもうギトギトに汚れているはずです。

「見せる」収納は適量を維持する

沢山あるキッチン用品の全てを収納して隠すのは、なかなかハードルが高いもの。収納が難しい物は見せる収納で解決しましょう。キッチンは全体の色の数を抑えるとスッキリとした印象になります。白系、茶系とアイテムの色味を統一するだけで、全体に片付いた状態に見える効果があります。
毎日コーヒーを飲む家庭なら、必要なセットを籠にひとまとめにして外に置いておけば、都度取り出す手間も省けて楽です。頻繁に使うカトラリーをまとめてカウンターやテーブルに出しておくのもOK。しかしこれにも数のリミットがあります。何でも見せる収納にすると、次第にものにあふれた状態になるので、自分のライフスタイルに合ったものに厳選することが必要です。

まとめ

適量のキッチンツールのみを揃えて必要な場所に収納すれば、キッチンでの作業がグンと楽になります。スッキリと片付いたキッチンに立てば、自然と笑みがこぼれるのではないでしょうか。
例えば食器に関しても、枚数が多すぎると食器棚から取り出すのに一苦労します。積み重なった下の方のものを取り出そうとして、食器を落としてしまうということも。何枚も積み重ねる必要のない適量を維持すれば、そんな苦労はありません。
実用性の高いもの、上質で見ていて気分が上がるもの。そういった自分のお気に入りの道具のみを厳選しておくと毎日の家事が楽しく、そして楽に感じるのではないでしょうか。

関連セミナー