家族の人数だけ増えていく衣類の収納に、頭を抱えてはいませんか。少しのポイントをつかめば、誰でもスッキリと片付けることは可能です。収納方法をマスターすれば、家事の負担が減ってゆとりがうまれます。いつ人に見られても恥ずかしくないくらいの、綺麗な状態をキープしたいものです。

衣類の量を見直す

まずは家にある全ての衣類を部屋に並べてみましょう。何年も着ていなかった、なつかしい衣装が出てくることも珍しくはありません。あまりの服の多さに愕然とする人もいることでしょう。
衣類を全部出したら、次に今後も着る服と着ない服に分けていきます。着るかどうか迷う服の時は、鏡の前で合わせてみて下さい。年齢的に似合わなくなっていることや、何だか素敵な感じがしない服もあるものです。少しでも違和感があれば、もう必要のない服と判断しましょう。パッと見た時のインスピレーションを信じて選別します。
着ない服で傷みが少ないものは、リサイクルショップを利用したり知人に譲ることで気持ちが楽になります。海外支援に役立つリサイクルもあるので、積極的に利用してみましょう。この衣類が誰かの笑顔につながると思えば、清く手放せます。ほつれや汚れがある服は、ウエスにして使い切ってから捨てれば、部屋も綺麗になり一石二鳥です。
子供服はワンシーズンでサイズアウトすることもありますし、大人用でもライフスタイルの変化により不用な衣類は出てくるものです。定期的に見直しをして手持ちの量をミニマルにしていくことが、家事が楽になる収納の前提となります。

収納の見直し

服の選別ができたら、次は収納グッズの見直しです。様々なグッズがありますが、収納ケースは引き出しタイプがおすすめ。サッと引き出せば中身が見やすく、埃もかぶりません。クローゼットの広さに合わせて、慎重にサイズ選びをして下さい。有名なメーカーの定番商品を選べば、買い足したくなった時に同じ商品を買えるので便利です。シリーズで揃えることも可能ですし、何よりクローゼットを開けた時にスッキリとした印象で片付いているように見える効果があります。
ハンガーも、いつでも買い足せる定番の商品を選ぶと良いでしょう。ハンガーはあれこれとあるものを使うより、1種類に絞った方が収納量がアップします。収納グッズに統一感を持たせると、見た目にも美しいのでおすすめです。

衣替えが面倒にならない方法

ハンガーにはコートやジャケット類、シワになりやすいスカートやシャツをかけましょう。シャツはボタンをとめずに吊るしておけば、子供でもサッと羽織れるので手を取られません。洗濯する時にしっかりとシワをのばして干しておけば、アイロンなしでそのままクローゼットに直行でOK。クローゼットの扉が右開きの場合、シーズン中の服は左から並べます。すると今着る服を取り出しやすくて便利です。
収納ケースには、残りのTシャツやパンツ類などをたたんで入れます。どれも1枚ずつ立てて収納するのがポイント。どこに何が入っているか引き出しを開ければ一目瞭然ですし、取り出しやすいので服が崩れにくいです。衣類のサイズに合わせて仕切りを設ければ、更にズレにくくなります。衣類はシーズンごとに分けて収納して、着ている服のケースを上段に置くと良いでしょう。
衣替えが面倒だという人は多いですが、この収納方法なら衣替えに時間をとられません。吊り下げたハンガーは左右に入れ替えればOKだし、収納ケースも上段と下段を入れ替えるのみでOKです。オールシーズンの衣類を1箇所にまとめるのは困難だと思うかもしれません。しかし、家のサイズに合った衣類の数しか持たないと決めてみるのはどうでしょうか。

まとめ

衣類の収納が楽になると、家事が楽になり心がふっと軽くなります。今の状態がベストだと思い込まず、「もっと楽になる方法はないか」「もう少しスッキリと片付かないかな」と改善策を考える習慣をつけてはみませんか。
例えば子供の場合、成長に応じて着替える場所が変わることもあります。着替える場所に合わせて収納を移動させるというのも1つ。服が散乱しなくてすむかもしれません。
ライフスタイルは月日と共に変わるものです。時には思い切った断捨離や収納の見直しを行えば、家事が楽になり笑顔が増えることでしょう。

関連セミナー