断捨離という言葉を耳にする機会が多くなりました。
この断捨離とは、読んで字のごとし、必要のないものを「断ち」「捨て」「離れる」の意味で、いらないものを減らし、必要なものや気に入ったものしか持たないシンプルなライフスタイルを提唱するものです。

それは本当に必要なモノですか?

どんなに高価な物でも、どんなに良い品物でも、必要のないものは、必要ないのです。しかし、押し入れなどにしまい込んでいる「必要のないもの」は、どのご家庭でも少なからずあると思います。「高かったし」「壊れてないし」「もったいないし」「いつか使うかもしれないし」などの理由で、押入れなどの奥にしまい込まれています。必要のないものは、いつしかその存在を忘れてしまいがちです。そしてやっとやってきた「いつか使うかもしれない」の「いつか」の瞬間。その時にはうまく見つけられず、結局また新しく買ってしまった、なんてケースは「捨てられない人あるある」ではないでしょうか。

「もったいない」のはどっち?

もったいないからと、捨てずにとっておく。確かに「ない」より「ある」方が、プラスのイメージです。でもここでよく考えてみてください。その必要のないものは貴重な収納スペースを使っています。必要のないものを手放すと、その収納スペースが手に入ります。必要のないものを手放すたびに、収納スペースが増えていきます。塵も積もれば山となるんです。そして次は、これまであふれだしていたものを、その収納スペースに片づけることができます。そしてそこには新しい空間が生まれます。
あなたは必要のないものと、活用できる空間、どちらがほしいですか?言い方を変えましょう、活用できる空間を必要のないものに使うの、もったいなくないですか?

シンプルな暮らしの利点

さて、必要のないものを全て手放した後は、シンプルなライフスタイルになります。単純に所持品が減ると、収納が楽になり、どこに何があるかの把握が楽になります。必要最低限な物を最大限有効に使うことができるようになるのです。そういった環境下では家事効率も見違えるように上がっていきます。特に掃除に関してはかなり楽になるのではないでしょうか。今まで、いろんなところにたまっていたホコリは、そこにものがなくなることで、床をさらりとふくだけでお掃除完了です。

必要なモノだけほしくなる

必要なものだけに囲まれて生活すると、自分が本当に必要としている、今足りないものが正確に見えてきます。今の生活に不自由がないときに、わざわざいらないものを購入する人はいないですよね?ムダ買いは、家事効率の悪さに比例して増えます。家事効率が悪いとそれを改善しようと、またものを買ってしまうからです。例えば、物があふれ、お掃除が大変なときは、新しいお掃除グッズがほしくなったりするものですし、収納スペースが足りなくなると、収納グッズを追加で購入したりもします。
これはシンプルな生活をしている人からみると、余計な出費です。

必要のないものは全部捨てるべき?

ここまで読んでいただいて、必要のない物は捨てるぞ!と思い立った方もいると思います。そんな気持ちに水を差すようですが、必要のないものはすべて捨てなければならない、というプレッシャーは感じないでほしいです。
必要がなくても、捨てられないものは誰もがお持ちだと思います。日々の生活に必要はないけど、残しておきたいもの、例えば、思い出の品や愛着のあるものなどです。捨てたくない理由が「高かったし」「壊れてないし」「もったいないし」「いつか使うかもしれないし」と思うものは捨て、捨てたくないと純粋に思うものは残してもいいのではないでしょうか。そのものを残さずとも記念写真を撮り「思い出の品のアルバム」なんて作ってみてもいいかもしれません。思い出の品がアルバムの中にすべて収まりますよ。

まとめ

いかがでしたか?
しかし、さぁ断捨離だ!といきなり始めるのは難しいですよね。そんな時はまず、キッチンで使わない食器1枚、クローゼットの中のもう何年も着ていない服を1枚、そんなところから始めてみませんか?ゴミ袋の空きスペースを毎回うめていこう、なんて決め事もいいかもしれません。大切なのは、まず始めることです。
ぜひあなたも、必要なものだけに囲まれたシンプルで風通しの良いライフスタイルを手に入れましょう。

関連セミナー