なぜだかいつも部屋が散らかっているという悩みを、多くの人が抱えているのではないでしょうか。
掃除がうまくできない人には、共通点がいくつかあります。これらを見直して少しの意識改革をすれば、誰でも綺麗な部屋をキープすることは可能です。いつでも人を呼べるような、スッキリ片付いた素敵なお家にしてはみませんか。

物が溢れている

部屋が片付かない人には、「いつか使うかも」「捨てるのは勿体ない」などと、物を多くため込んでいる共通点があります。本当に必要な物なのか、今後使うことがある物なのかをまずは見直してみることから始めましょう。いつか使うと思いながら何年も眠ったままになっていれば、今後も使う可能性は限りなく低いです。高価なブランド品であっても、使っていなければ今のライフスタイルには合わない物。今後1年間で使用することがイメージできないものは、潔く廃棄する勇気を持ちましょう。手放すかどうか悩むものは一時保管をしてOKですし、傷んでいないブランド品はリサイクルに出せば心も痛みません。

収集癖がある

装飾品が多すぎると、部屋全体がゴチャゴチャとした印象になります。女性は可愛い雑貨が好きであったり、男性もフィギュアなどの収集癖がある人は案外多いです。自分の好みの品を見つけるとつい買ってしまうのを、少し我慢してみましょう。買う時に「本当に必要か」「買う価値があるのか」と自問してみて下さい。収集癖を減らしていけば部屋がスッキリとするだけではなく、出費が減るので家計の節約にもつながります。装飾品が少なければ埃もたまりにくく、掃除が楽になります。
どうしても譲れないというコレクションは、飾っても大丈夫です。その場合は、自分のお気に入りのコーナーを1つ決めて、そこに飾れるだけと数を決めると良いでしょう。

使った物を元に戻さない

使った物を「とりあえず」とその場に放置するのを繰り返すと、部屋はあっという間に散乱します。これではいくら部屋を片付けても散らかる一方です。使った物は都度元の場所に戻す習慣をつければ、掃除の時間は短縮できます。家事を負担に感じることも少なくなるでしょう。
本当に使用感の良い物、上質な物を厳選して持つというのもおすすめです。「長く大切に使いたい」との愛着から、大事に扱い片付けができるようになるかもしれません。

汚れた部屋のまま日付が変わる

綺麗な部屋をキープするには、寝る前に部屋を一度リセットすることが重要です。例えば子供がいる家庭では部屋は散らかりますが、寝る前に物を片付けて何もない状態にリセットします。当然物が多すぎると困難な作業となるので、おもちゃや物の数は厳選を。寝る前に、家族みんなで片付けをサッとする習慣をつけましょう。
散乱した状態のまま翌朝を迎えると、1日が気持ちよくスタートできません。掃除はたまればたまるほど、億劫になるものです。「面倒臭いから後回しにしよう」「汚れているけど見なかったことに」などと、部屋は加速して汚れていく一方になります。

掃除グッズが沢山ある

部屋が汚れている人の特徴として、掃除グッズが充実していることもあります。あらゆる便利グッズを購入しては、使いこなせずに挫折をしている状態。結局収納棚が溢れかえっているという状況になっています。
窓のみ、キッチンのみと、専用にしか使えない掃除グッズばかりを揃えるのはあまりよくありません。最近は水回りから家具までと、共通して使える安全な洗剤や掃除グッズも多くあります。1箇所のみではなく、応用して幅広く使える物を選ぶようにしてみましょう。汚れがひどくなる前に、サッと拭いたり磨くという習慣も大切。頑固汚れとも無縁になり、強力な洗剤も不要となります。

まとめ

自分に必要な物のみを厳選して選び、大切に使っていく。シンプルなライフスタイルを送れば、部屋は誰でも綺麗にキープしていけます。物が少ないほど、掃除も楽になり家事ストレスも減るのです。部屋がいつも綺麗だと心にも余裕ができて、イライラが少なく笑顔も増えていくでしょう。
最初から完璧を求めてはいけません。毎日1箇所のみ掃除をする、毎日1つ物を手放すというところから始めましょう。無理をしすぎないことで、リバウンドのない綺麗な部屋になります。SNS等で理想的な部屋の写真を見ると、掃除のモチベーションアップにもなるでしょう。

関連セミナー