キッチンは汚れやすく器具も多いので、掃除するのに手間のかかる場所のひとつですね。そのせいか近頃はたくさんの種類のキッチン専用の洗剤が売られており、個別に買うと使い切れなくなることも。そこで、クエン酸・セスキ炭酸ソーダ・重曹の3種類の洗剤でキッチンを掃除する方法をあげてみました。

クエン酸の使い方

まず粉末を溶かしてクエン酸液を作っておきましょう。水200mlに対してクエン酸を小さじ1溶かします。スプレー容器に入れてスプレーできるようにすると便利です。クエン酸の得意な汚れは水アカです。流し台にスプレーしてやわらかいスポンジでこすった後水をかけて汚れを流します。蛇口の根元のこびりついた水アカには、クエン酸液をかけ、上からラップをかぶせてパックし、30分以上置いた後こすると落ちます。蛇口の根元など、スポンジだと届かない細かい場所には、使い古しの歯ブラシで軽くこすると便利です。
クエン酸には除菌効果もあります。冷蔵庫内やまな板にクエン酸液をスプレーして、しばらくおいてから布巾で水拭きすると、嫌な臭いがなくなり、雑菌繁殖の予防にもなります。

セスキ炭酸ソーダの使い方

セスキ炭酸ソーダは油汚れに強いです。水500mlにセスキ炭酸ソーダの粉末を小さじ1をスプレー容器に溶かします。それを換気扇・五徳・コンロの天板・プラスチック製調理器具のベタつきなどの油汚れにスプレーし、汚れが浮いてきたら布で拭き取るとスッキリ落ちます。汚れがひどい場合は、セスキ炭酸ソーダをお湯に溶かし、しばらく浸け置きするとよく落ちます。また、セスキ炭酸ソーダ液を染み込ませたキッチンペーパーを、汚れのひどい部分にかぶせて覆って浸透させ、しばらく放置した後拭き取るパック方法も効果的です。
セスキ炭酸ソーダはキッチン以外にも活用できるところがたくさんあります。人の皮脂が油汚れなので、家具についた手アカ落としや、洗濯する際の襟・袖の皮脂汚れを落とすなど他の家事でも使える洗剤です。

重曹の使い方

重曹も油に強い成分なので、セスキ炭酸ソーダと同じように重曹液スプレーを吹きかける方法で油汚れを落とせます。重曹の使い方で特におすすめなのが焦げ落としです。焦がしてしまった鍋やフライパンに水を張り、重曹大さじ1をいれて沸騰させます。沸騰後火を止めて数時間放置すると焦げが浮いてきますので、スポンジでこすって洗い落とします。ただしアルミ製の鍋の場合この方法はやめておいたほうが無難です。アルミニウムは重曹の成分であるアルカリ性に弱いので、重曹で煮ると黒く変色したり穴が開いたりします。
排水口のぬめり落としには、重曹とクエン酸を一緒に使用すると効果的です。排水口のゴミ受けにたまっているゴミは捨てておき、ぬめりを落としたい部分に重曹の粉末をたっぷりまんべんなくかけます。かけた重曹の上からクエン酸液をかけると反応してシュワシュワと泡が立ちます。その状態のまま5分から10分ほど放置した後お湯で流せば、ぬめりがスッキリと落ちます。

人や環境やお財布に優しい洗剤

3種類の洗剤だけで掃除すれば余計な洗剤を買わなくてすみますし、これらの洗剤は百均の店でも売られているため費用もそれほどかかりません。化学合成によって作られた洗剤ではなく自然素材の成分なので、昨今重視されている人や環境に優しく生きるというライフスタイルに合う点も嬉しいです。キッチンだけではなくトイレ・お風呂場でも使えますし、洗濯など他の家事にも活用できる洗剤です。
キッチンの掃除をまとめて一度にやるのはとても大変です。週に2、3回10分ぐらいの短時間で掃除をするのがおすすめです。こまめに軽く掃除をするライフスタイルにすれば、きれいなキッチンをいつも保てますし、大掃除も特に必要なくなります。どれも簡単で手軽な掃除方法なので、試してみてはいかがでしょうか。

関連セミナー