毎日使う浴室や洗面所は、汚れをためてしまうと、いざ掃除するとなった時に念を入れてこなさないといけなくなり、面倒を感じてしまう場所です。しかし目にする機会の多いこれらの場所は常に綺麗にしておきたいもの。毎日の簡単なコツを取り入れて苦手意識を克服してみましょう。

ためない、欲張らない、特別なことをしないこれが続けるカギ

家事は掃除だけではありません。一日のライフスタイルの中でやるべきことはたくさん。優先順位がありますが、どれも見逃せないものばかりです。しかしその中でも、これは後回しでいいかなと思う家事も出てきます。それが、浴室や洗面所などの水回りや目に見えない部分の汚れです。これらの場所は目にも見えにくいのですが、しっかり汚れは積み重なってしまう場所です。そんな場所をストレスなく掃除をするにはまず「ためない」ことが重要。ためこんだ汚れを一気に綺麗にするには重い腰を上げなくてはいけない特別感が出てしまって大変です。その際にあれもこれもと欲張ると他の家事に影響も出てしまいます。少しだけ毎日のルーティンに加える掃除で、楽に綺麗に過ごせます。

楽に浴室をいつも綺麗にカビは最大の敵!

浴室の最大の問題は湿度です。これがカビの原因になります。特にタイル材を使用している場合には目地に水分が残りカビになりやすくなります。浴室はまず水分を残さないように乾燥させることが一番の解決法です。まだ汚れがこびりついていない「お風呂あがり」に洗剤で浴室全体を洗い、水分を残さないようにするのがベスト。それが面倒な時は、お湯ではなく冷たい水で浴槽や壁、床を洗い流してください。お湯の湯気から蒸発する水分は赤カビにも変化しやすいのです。シャンプーなどのボトルの裏側に赤いヌルヌルが出にくくなります。浴室のイスなどの裏側にも冷たい水を忘れないでください。このように洗剤の飛び散った跡はわかりにくいので、まずは水で流すこと。長時間放っていなければスポンジでこするだけでも違ってきます。水分を浴室内に閉じ込めるといつまでもカビの繁殖しやすい環境になってしまうことになりますので、乾燥しやすくなるように換気を忘れずに行ってください。

使う度にマメなひと手間で洗面所はスッキリ

洗面所も汚れがたまりがちな場所です。洗面ボウルは思っている以上にザラザラと汚れがこびりついています。見た目は気にならなくても触るとよくわかります。歯磨き粉やクレンジングの油分、手洗い洗剤の残りカスなど一日で結構たまってしまっています。そのためにこの場所でも毎日のひと手間だけでしっかり掃除を回避することができると楽になります。小さなスポンジを用意しておいて朝晩の洗顔のついでにこすり落としてしまう、それだけでしつこいこびりつきはなくなります。蛇口カランも毎日同じひと手間を加えていれば、研磨剤を使うほどの汚れはたまらなくなります。朝の洗濯前にこれらを行って、使用済みのタオルで綺麗に水分をふき取ってからタオルを洗濯すれば無駄な用意も時間もかからなくなります。

少しの面倒を後回しにすれば「大仕事」になってしまう!

育児に忙しい時期や、仕事が忙しくて少しの時間も惜しいなどライフスタイルは様々です。一番簡単に済ませたいのが掃除になってきますが、あまりためこむと今度は一気に大仕事をしないといけなくなってきます。基本は念入りにすることをさけるために、すぐにできることを毎日簡単にやってしまうことです。いろいろなお掃除グッズが出ていますが無駄なものは買わなくてもいいのです。少しのことをちょっとやっておく、これだけでしつこい汚れは回避できます。そして週に一回汚れの取り残しがないか見てみる、これだけでスッキリします。汚れに汚れを重ねることだけを避ければ掃除も楽になって、家事の時短になります。

「ついで」が大切簡単に済ませるワザ

これらの全ての時短掃除は「ついで」なのです。特別掃除をする!という感覚で挑まなくてもすぐについでにできてしまう、言わば「ながら掃除」です。しかし、本来は掃除を負担に思うことも多く、あれもこれもとなると大変な家事の一つです。防カビ燻煙剤などの活用も時短には有効です。少ない出費で少しの労力で済ます、これはとても重要です。もっと時間を割きたいことがたくさんある中でいかに少なく済ませるかがコツになります。「ついで」に綺麗にしてしまいましょう。

関連セミナー