皆さんは家計の節約をするなら、どこから見直しますか?何となくしていた日々の洗濯方法を見直せば、今日からでも気楽に節約ができますよ。
ちょっとしたことひとつでも実践すると、続けて次も試してみたくなるはずです。

洗濯ができる状態にする

考えてみると、洗濯かごには、色々な種類の洗濯物が集まっています。ライフスタイルで、毎日の洗濯物は変わってきますね。でも、そのまま洗濯すると、洗濯物も洗濯機も痛んでしまうので、下準備で防ぎましょう。まず、生地がデリケートなもの、傷んできた衣類、下着はネットに入れます。家事のひとつでもある、布団カバーやシーツの交換は、洗うときには大きすぎて他の衣類と絡みやすいです。これも大きめの専用ネットに入れます。泥汚れのついてしまったものは、乾いた状態で泥を叩いて落とします。汚れがひどいものは、部分洗いで汚れを落として乾かしておきます。以上で洗濯ができる状態になります。
週に一度は、洗濯機のくず取りネットも綺麗に掃除しておくと、糸くずなどをキャッチしてくれて、洗濯機の清潔さを保つことが出来ます。

洗濯物を入れる順番

あとは、洗濯機に入れてスイッチを押すだけですが、ここでも工夫ひとつで良いことがあります。
洗濯機には重いもの、軽くても水気を含むと重くなるものから入れます。シーツやバスタオル、ネットに複数衣類を入れて重くなったものは洗濯機の底にあるようにします。上に軽い衣類がある状態だと、洗濯機が動きやすくなります。そうすれば、汚れもしっかり落ちて家事もはかどりますね。ライフスタイルによっては、忙しくてそんな時間がない方もいますよね。そんな場合は、予約機能を使えば便利です。時間のあるときに、洗濯できる状態にセットしておくと、指定の時間に洗濯が完了するのでおすすめです。

洗剤の分量

洗濯で節約をするなら、洗剤の分量が重要です。多すぎても少なすぎても、洗濯物には良くないし、洗剤によってはコストがかかる部分だからです。特に液体洗剤は、汚れに比例して増やしてしまいがちなので、つい毎回、洗剤を同じ量を使ってしまう方は使用量を見直してみましょう。今はすすぎ一回の洗剤が多く、除菌や香りのするものまで多機能なので、好みや目的に合っているかも確認しましょう。
粉タイプの洗剤は、洗浄力が高く、仕事や部活動で泥汚れに悩んでいるライフスタイルの方におすすめです。
液体タイプは、水温が低くても溶けやすいので、冬の洗濯でも重宝します。
第三の洗剤といわれるジェルボールタイプは、計量いらずで投入が簡単なうえ、部屋干しも気にならず、仕上がりの香りも良いです。

脱水時間と早く乾く干し方について

もし脱水時間を変更できるなら、普段の半分に減らしてみると節電になります。節電といえば、オール電化の方なら時間ごとで電気代が違ってきます。なるべく一番安い時間帯に洗濯するなら、早起きにもチャレンジしてみてください。夜中に洗濯という方法もありますが、乾燥機は余計に電気代がかかるし、外に干すのは虫が気になるし、ご近所にも気を使ってしまいがちです。
また、早く乾かす干し方はご存知ですか?梅雨の時期や雨上がりは、少しでも早く乾くように干したいですよね。バスタオルなら重なる部分を少なくして洗濯ばさみで留めます。ピンチハンガーを使うなら、真ん中には面積の大きいものを干した方が空気の循環が良くなります。シーツなら、間にハンガーをかけると風が通りやすくなり、早く乾きます。
さらに風が当たるところに干すために、 天気予報のサイトを確認し、干す方向を変えることが出来るならベストだと思います。
このようにして、洗濯の仕方から干し方を変え電気代や衣類の傷みを防ぐことを続ければ、結果的に節約になります。これからの家事も少しは楽しんでできそうですね。

関連セミナー