結婚していても一人暮らしでも、子どもがいてもいなくても、日々の生活の中で洗濯は欠かすことのできない家事です。全自動洗濯機が広く普及したとはいえ、洗濯には多くの手間がかかります。ここでは、無駄な手間を省いて効率的に洗濯が進められるおすすめの時短テクニックをお伝えします。

時短は洗濯物の仕分けの段階から!

洗濯は、洗濯物を仕分けて洗濯機に入れるところから始まり、洗濯機を回した後、干して、取り込み、たたんでしまうという流れになります。洗濯物の時短術とは、このそれぞれの工程の中にある無駄な動きを省くことです。
まず洗濯物を洗濯機に入れる段階では、衣類を脱いだ時に脱衣かごではなく直接洗濯機に入れれば、一つ動作を減らせます。ただし衣類をすぐに洗濯できる状態にしてから洗濯機に入れるのでなければ、時短にはなりません。例えばポケットの中には何も入っていないことを確認してから、シャツのボタンは袖口を含めて全部外して汚れが落ちやすいようにしてから、洗濯機に入れましょう。
また下着や靴下・型くずれさせたくないもの等それぞれの種類ごとに洗濯ネットに入れるようにすれば、洗濯の途中で絡まることを防ぎ取り出すときの手間を省くことができます。
さらに後で二度洗いするという手間をかけないように、襟や袖口の汚れや食べこぼしなどの汚れは落としておきましょう。
次に洗濯機を回す段階では、タイマー機能がついているものであればそれを使うという時短の方法があります。朝の起床時間に合わせて洗濯が終了するように、夜寝る前にタイマーをセットしておくことで時短になりますよ。
また最近ではすすぎが1回で済む洗濯洗剤も売られています。このような洗剤を使えば洗濯機を回している時間を短縮することができます。

干し方・取り込み方・たたみ方にも時短のテクニックが!

洗濯機で洗い終わると干すことになりますが、ここでの時短のポイントはまず洗濯機から干場への移動を繰り返さないようにすることです。洗濯機から取り出した洗濯物は大きな洗濯かごなどに入れて一度にすべてを干場へ運んで干すようにしましょう。
そして干すときには、取り込んで収納する時のことまで意識することが時短につながります。例えば1つのピンチハンガーにタオルや靴下等を混ぜて干すのではなく、タオルだけ靴下だけというように収納場所ごとに分けて干すことで、取り込んだ後タンスにしまう作業を楽に進められるようになります。
また乾きが早くなるような干し方を工夫することで、干し時間を短くすることができます。空気の通り道ができるように干すことが大切で、洗濯物同士の間隔を開けて干す・ポケットは裏返しにして外側に出す・ズボンの場合はウエスト部分をピンチハンガーで大きく広げて立体にして干す等が時短のための工夫です。
次に取り込む時についてですが、まずすべての洗濯物が完全に乾いてから一気に取り込むと手間がかかりません。そして収納場所を意識した干し方を崩さないように順番通りに取り込めば、そのままスムーズに洗濯物のたたみ・収納の作業に移ることができます。
たたみに関していえば、たたまずにハンガーのまま収納できるのであればそれが一番の時短となります。大人用も子ども用もシャツでもTシャツでも、ハンガーに吊るして干しそのまま取り込んでハンガーのまま収納するのがおすすめの時短の方法です。なお引き出しに収納する場合であれば、収納しやすい幅の型紙を作っておきそれを利用すれば、服を簡単にきれいにたたむことができます。

ライフスタイルにあった時短で洗濯を楽しく!

家事の中でも洗濯はライフスタイルに大きく影響される一つであるといえます。
家族構成により洗濯物の量は大きく異なり、子どもが多く大量の洗濯物が出る家庭とは違い、夫婦二人の場合には週末にまとめて洗濯することが時短につながることもあります。
また大した汚れ物のない家庭であれば、洗濯機のモードをスピードコースにすることで時間を短縮することができますよ。
余裕のある干し場で、取り込むと同時にたたむことまでして時短を図っている人もいます。その一方で取り込んだ洗濯物を録画してあるビデオを観ながらたたみ、時間を有効に使っている気分を味わっている人もいます。
自分のライフスタイルに合った時短の方法を取り入れて、洗濯を楽しんでできる家事の一つにして下さい。

関連セミナー