意外に高いスーツのクリーニング代。スーツの洗濯方法としてはクリーニング店に出すことが一般的といえますが、もしスーツを自宅で洗濯することができるのならかなりの節約になるはずです。ここではスーツの洗濯にはどのような方法があるかをみて、自宅でもスーツの洗濯が可能であるのか探っていきます。

スーツの洗濯方法は2種類

スーツの洗濯は多くの人がクリーニング店に任せていますが、クリーニング店で行うスーツの洗濯方法にはドライクリーニングとウェットクリーニングの2種類があります。
この両者の違いは使う洗剤の違いによるものです。
ドライクリーニングとは有機溶剤を使った洗濯方法で、この方法は皮脂や口紅などの油汚れを落とすのに向いています。また型崩れしにくいというメリットも。しかし食べ物や汗などの水溶性の汚れは取れず、反面油分であればウールの繊維内にあるものまで落としてしまうため生地がバサバサになるというデメリットがあります。
他方ウェットクリーニングは水を使って汚れを落とす方法で、ドライクリーニングとは逆に油汚れは落とせませんが汗や食べ物の汚れを落とすことができます。また洗い上りがさっぱりとしていますが、高度な技術を要するため料金は高額で失敗する可能性も高いというデメリットがあるのです。
このように汚れによって適している洗濯方法が異なるため、スーツを洗濯する場合にはまず何による汚れかを把握することが必要となります。

水洗いなら自宅でもできる?!

そこで次に、クリーニング店で行われているこの2つの洗濯方法を自宅でも実践することができるのかについて考えてみます。
家事に関する家電は進化しているとはいえ洗濯機ではまだ水洗いしかできず、皮脂等の汚れを落としたい場合にはクリーニング店のドライクリーニングに任せるしか方法はありません。
それに対して汗や食べ物のシミができてしまった場合には、丁寧な手順を踏めば自宅で洗濯することも可能ではあります。
自宅で洗濯する場合にはまずタグをみて素材を確認しましょう。もしシルクやカシミヤなどの高級素材が混ざっていたら、洗う前に自宅での洗濯が可能かクリーニング店で相談してから進めてください。
スーツは必ず洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。上着のボタンは外し、ズボンはボタン・金具・ファスナーすべて閉めてセンターラインが両端にくるようにしてからネットの大きさに合わせてたたみ、洗濯ネットに入れます。その後スーツのタグの洗濯表示通りにドライコースや手洗コースを選んで洗濯機を回しましょう。
洗濯機で洗い終わった後の処理も大切になります。洗いあがったらすぐに洗濯機から出し、手で広げたりたたいたりしてシワを伸ばしながら、丁寧にハンガーにかけていきます。そして必ず日陰か室内に干して、直射日光には当てないように気をつけてください。
このように丁寧に洗濯を進めますが、ウール素材のスーツの場合には、どれほど気をつけていても型が崩れたり生地が傷んでしまう等のトラブルが発生する可能性があることを意識しておく必要があります。
なおスーツの素材には重きを置かないライフスタイルの人であれば、ウォッシャブルスーツという選択肢もあります。これには、度重なる洗濯でも縮みにくい特殊の素材を用いているものや洗濯後のシルエットを保つための特殊加工が施されたものがあり、自宅で楽に洗濯できるようになっています。

スーツの洗濯は、ライフスタイルに合った方法で!

ここまでみてきたように、スーツを洗濯する方法にはクリーニング店に任せるだけでなく自宅でできるものもありました。ただし自宅でスーツを洗うのには手間がかかり、さらに乾いた後にはアイロンがけという、洗濯とは別の家事能力も必要となります。また仕上がりもプロのクリーニング店に任せたものとは差が出てしまう場合があることは否めません。
どのような方法をとるかはライフスタイルにも関係してくる問題で、スーツのケアはクリーニングの手間やコストを省いてできる限り自宅でしたいと考えるのか、多少手間や費用はかかってもいつも満足できる仕上がりのスーツを着ていたいのかで違ってきます。
スーツの洗濯はクリーニング店でなくとも自宅でもできると知ったうえで、自分のライフスタイルに合った洗濯方法を選んでください。

関連セミナー