低金利時代の今、銀行に預けるだけでなく、しっかり資産運用をして、お金を増やしていきたいと思っているのは皆同じですよね。では、どのようにすれば将来にわたって着実に資産形成できるのか? プロではない一般人が行う現実的な資産運用について解説していきます。

株、FX(外貨)で資産を溶かしてしまう現実

資産運用と言われて、最初に思い浮かべるのは、「株」「FX(外貨)」なのではないでしょうか? 雑誌などで儲かった人の話題を記事で見たことのある人も多いと思います。しかし、これらの投資で利益が出ている人は、ほんのわずかだというデータもあります。
では、なぜ大半の人が損をするのか? それは、「高値で買って、安値で売る」からです。例えば、株で説明すると株価が高くなると皆に乗り遅れまいとして買ってしまい、その時がピークだということが良くあります。その後徐々に値下がりし、1割、2割と含み損が膨らむ中で、耐えきれなくなって手放してしまう。。。株式投資を行った人は誰もが経験しているものです。
「じゃあ、安値で買えば良いのでは?」と考えますが、そのときはそんな空気ではないのですね。なぜなら「もっと下がるのでは」という不安が頭をよぎり、皆なかなか手が出せないのです。

資産運用とは、リスクを小さくして、安定的に増やしていくもの

本来資産運用とは、短期的な値上がり、値下がりに振り回されずに、リスクを小さくして安定的に増やしていくものです。ある時期に含み益が出ても、また逆に含み損が出ても、そのときの感情にとらわれずに増やしていく。これがあるべき姿なのです。
では、プロではない一般人が、リスクを小さく、安定的に資産を増やしていくにはどのようにすれば良いのか? それは、毎月一定額を長期にわたって積立てていくことです。

毎月積立、ドルコスト平均法で長期で勝つ!

では、どんな資産を積み立てていくのが有効なのか? それは投資信託です。特に、信託報酬の低いインデックス型ファンドの分散投資(国内、海外、株、債券など)がオススメです。積立投資で毎月一定額が強制的に貯まっていく効果は、基本的で単純な方法ですが、長期的に見ると大きな力を発揮します。

ただ、気を付けるべき点は信託報酬で、同型の投資信託では最も安いものを選択することが重要です。信託報酬とは、運用会社の経費等を指し、毎月一定額が元本から差し引かれます。そしてこのコストは各社毎に異なります。特にインデックス系の投資信託では運用スタンスに差異が出ないので、少しでも安いものを選ぶことが将来の実績につながります。

また、一定額を積立投資する良い点は、「価格が高いときには少なく、安いときには多く買えること」にあります。これをドルコスト平均法と言います。一定額自動的に積み立てると決めれば、感情に振り回されず、上述とは逆のことを無意識に行うことができますよね。この「自動的」「無意識」ということが意外と大切なのです。

以上解説した方法で、安いときに多く買ったことが要因となって、結果として長期的に資産を増やすことができるのです。

■プロフィール
ライター名:本城司(ほんじょう つかさ)
0代のサラリーマン。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。若い頃から資産
運用に関心があり、株、投資信託、ETF、REIT、FX、先物など、酸いも甘いも経験済。
「金融機関が勧める商品は、オススメではない!」という問題意識の下、多くのマネー
セミナーに参加し、”無料マネーセミナーおすすめ3選”として情報発信中。

関連セミナー