マンション投資と言えば、何もせずに毎月収入が入ってくる。つまり「不労所得」が可能な投資方法ですので、憧れのようなものがあります。

節税対策にもなりますし、人気の高い投資方法だと思います。ただ、金額も大きい、何からやっていいかもわからない、何よりも怪しげ、デメリットの部分が大きいイメージがあるため、投資としてはハードルが高いのでは?と選択肢から外して考えてる方も多いと思います。

セミナーとなれば、なおさらです。堅苦しかったり、営業トークがあったりと懸念点が増えてきます。また、聞きたい話が聞けなかったなども挙げられるかと思います。

そういった方に、是非とも情報収拾感覚で参加するのをおすすめできるのが、WEBで開催されるセミナー。いわゆるウェビナーです。

WEBとなれば、わざわざ時間を縫って、身なりを整え、会場まで足を運ぶ必要がないわけですから、参加ハードルとしてはかなり低いです。

今回、わたし自身が実際に株式会社アパックスが開催する「【不動産投資】あなたの「資産」を「まもる」「つくる」「まもりながらつくる」投資とは」のウェビナーに参加してみました。

結論から言うとラジオ感覚で有識者からの説明が聞けるので、時間を有効活用したいい判断だと思っています。

「少し怖い」「怪しい」とかイメージはあるかと思いますが、体験記として紹介しますので、ひとまずこの記事をみて判断してみてはいかがでしょうか?

講師のご紹介

■会社名:株式会社アパックス
■氏名:結城 準一
■会社概要:
投資用マンションだけでなく、アパート経営等幅広い知識を持っており、お客様のニーズに最もあった提案が可能。

お客様のよりよいライフプラン設計の一環として不動産投資を位置づけており、株式会社アパックスは「あなたの未来を共に歩むパートナーでありたい」をモットーに自社とグループ会社が一丸となり、お客様の人生設計をサポートしている。

■Twitter
■Instagram

■株式会社アパックスについてもっと知りたい方はこちら!
https://instabio.cc/Apax-Apartment

リラックスした環境でのセミナー参加

10時開催ということもありましたので、業務を中断し、中抜けさせてもらい、コーヒーでも入れつつ、開催時間を待ちます。

この日の講師は、投資用マンションだけでなくアパート経営等幅広い知識をお持ちの、結城準一さん。とても落ち着いた、写真の通りの様な物腰柔らかそうな方でした。

ウェビナーなので、こちらの映像や声は向こうには、届きません。まずは画面共有がされ、セミナーのプログラムと簡単な説明が入ります。

セミナーは1部、2部、質問会で構成されており。前半20分、後半20分とかなりスマート時間配分のスケジュールです。

今回のセミナーは、不動産投資の基本的な知識から実際に商品を選ぶポイントのプログラムなので、投資初心者から、運用を考えている方まで対象のようです。

今回のセミナープログラム

はじめは投資の基礎から

第1部では、預貯金の話になりました。筆者自身、昨今のコロナ禍の影響や、外出自粛で支出が減った事から、支出が減り預金が増えました。

特に有効活用しているというわけでもないので、投資した方がいいのかなと感じてはいました‥‥。

日銀が2021年3月17日に発表した資金循環統計によれば、2020年12月末時点における家計の金融資産は、1948兆円の過去最高額。なかでも、現金を自宅で保管する、タンス預金の金額は100兆円を超え101兆円に。

資産経済の先行きに対する漠然とした不安などから現金を保有しているわけですが、こうした行動は日本独特で、アメリカではその逆。投資信託、株式や保険など、金融資産を保有している割合の方が高いようです。

結城さんは「預貯金だけを保有していても、銀行の金利は低い、そもそも貯金も「目減り」のリスクがああります」と説明し、セミナーの本題である投資の話になります。

各投資商品のおさらい

不動産投資が、数ある投資方法でどの位置づけにあるという話です。各投資商品の特徴ということで、マトリクス図が映し出されます。

基本的に投資商品の特徴は、ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン、ローリスク・ミドルリターンに分類されるようです。

不動産投資は「ローリスク・ミドルリターン(資産をまもりながらつくる)」に当てはまる投資方法ので、働きながら資産運用をする人には向いているそう。

正直、株式投資やFXなどにも興味があったのですが、プロが多い世界なので、投資初心者かつ、働きながら積極的に資産をつくっていくのは難しいみたいです。残念。

投資の具体的な手順はおいておいて、どういった投資方法が向いているのかは、図だけみてもサッパリ…でしたので、説明されながらだととても分かりやすかったです。

質問があればチャットで投稿できる。

話の中の途中で、自分のなかで気になることがあれば、チャットの枠が設けられているので、結城さんに直接質問できます。

現地開催のセミナーですと、挙手して質問してだと、ちょっと気まずいと感じるので、質問枠がチャットであるということはウェビナーの強みだなと思います。

「リーマンショックによるリスクって不動産は顕著に影響するのでは?」「資料の数値ってどこの発表ですか?」などの質問があったりしましたが、的確に結城さんが返答してくださいます。

第2部は不動産投資の特徴

第1部は、基本的な投資の話でした。5分休憩を挟み、第2部からは、いよいよ不動産投資の種類と特徴についてです。

私が今回セミナーで聞きたらいいなと思っていた項目としては

  • 不動産投資のリスク(借りてや買い手が見つからないなどのリスク)
  • それらリスクの対策方法
  • ●ローンが通るのか(融資の審査)
  • ●中古or新築

このあたりのことです。

インターネットであれこれ情報収拾をするのですが、途中で集中力が切れたり、結局答えがみつからず途中で断念してしまったことは多々あります。

これらの項目はセミナー内で詳しく解説してくれました。前半はパワポ4枚程ですが、後半の内容は30枚くらいのボリューム。全てここで紹介すると長くなってしまうので多くは割愛します。

話の流れとしては、本格的に投資物件を運用するうえで、抑えておくべきポイントを結城さんからのアドバイスを交えて説明してくれます。

  • 不動産投資の4つのメリット
    • →リスクと防ぐための話、ローン返済の話、完済後の話など
  • ●不動産投資商品の特徴
    • →区分マンションと新築アパートの違い
  • ●不動産投資商品を選ぶポイント
    • →何が買え、その中で検討をするという話

これらの情報はネットでも集める事はできます。

ただ1番違う点は、第3者が情報をまとめた記事から得られる情報ではなく、実際にマンション、アパート経営をサポートをしている方からの、数字を踏まえた多角的な意見を聞けるという事と、それがウェビナーで視覚的にも聞けるため理解しやすいという事。

ウェビナーで情報収拾したうえで、細かい情報は自身で調べる方法が一番効率が良いのではないかと感じました。分からなかったり不安なことがあれば、チャットで聞く事も出来ますしね。

最後は銀行融資などの話で、今回のセミナーはまとまりましたが、知識がほぼゼロベースの私でも、始められそうな気がしたので、不動産投資のハードルは結構下がったのかなと感じます。

勧誘は一切無し!

セミナー参加検討している人にとっては、物件の紹介があったり、その場で営業が始まってしまうのではないか?と不安になる物だとは思います。

実際はそんなことは一切なく、コーヒーでも飲みながら、ラジオ感覚で勉強でき、結城さんからの有力な情報をいただいて、一石三鳥くらいです。

受けられる人数は限られていますが、個別相談もセミナーを通じてすることができます。

担当者の聞くと、融資は受けられる前提で物件を紹介してもらう枠ではなく、保険や商品等の金融資産に対しての幅広い知識をお持ちの為、現在の資産の状況から運用までの相談も可能だそうです。

とにかく分かりやすさを重視!こだわりの詰まったセミナー

今回のセミナーは「不動産投資へのハードルを下げ、知識がない人でも不動産投資は良いものだと感じてもらいたい」との思いから、資料を一新。

丁寧にまとめられた資料。

文字だけでなく図説を加えて、誰にでも分かりやすいように考えたそうです。資料のすべてに親しみやすさと分かりやすさの拘りがつまっていました。

無料でうけられるセミナーは探せばたくさんあります。最近では女性向けのセミナー、雑談を交えたセミナー、今回の様なウェビナー形式のセミナーもあり、参加するハードルも低くなってきています。

なので「怪しい」「勧誘されるのでは」といった先入観は一度捨て、積極的に情報収拾していければ、自分に合った資産運用の方法が見つかるかもしれませんね。

セミナー情報

セミナータイトル:◆WEB開催◆ 【不動産投資】あなたの資産を「まもる」「つくる」「まもりながらつくる」投資とは
講師:結城 準一
会場:WEBセミナー
URL:https://at-seminar.net/seminar/6832.html

■株式会社アパックスについてもっと知りたい方はこちら!
https://instabio.cc/Apax-Apartment