新橋
2019 / 9 / 7(土) 15:00~17:00

不動産投資家である税理士だから話せる『不動産投資が“最強の節税術”である理由』

  • 資産形成
  • 資産運用
  • 節約・貯蓄
  • 節税
  • 講師:中山慎吾(東京税理士会所属 税理士)
  • 主催会社:株式会社湘建
  • 開場時刻:開催時刻の20分前
  • 会場:ビジネスエアポート新橋 会議室7A
    〒105-0004
    東京都港区新橋1丁目12−9 A-PLACE新橋駅前7階

◆JR「新橋」駅 銀座口 徒歩1分
◆東京メトロ「新橋」駅 5番出口 徒歩1分
※7階 受付にて「セミナー参加」と係りの者にお伝えください。

※セミナー詳細はこちら:https://bit.ly/2OHspxn

セミナー内容

なぜ不動産投資がこれからの時代にマッチしているのか、不動産投資に特化したサービスを提供する税理士が分かりやすく解説します!


政府は『働き方改革』の名のもとに残業代を払わなくとも良い仕組みを整え、副業解禁の号令のもとにダブルインカムを持つことを推奨し始めました。
そして金融庁は老後の生活資金について「2000万円の貯蓄と自助努力が必要」と訴え、投資を行うことが望ましいと提言しました。

では投資をスタートするにあたり、サラリーマンの置かれている状況はどうなっているでしょうか。

年々、サラリーマンの給与から引かれる税金や社会保険料は高くなっていく一方で、投資資金を捻出するのもハードルが高くなってきています。
この厳しい環境の中で、将来安心できる貯蓄プランを立てるためには正しい知識をインプットすることが必要不可欠です。

世の中に数ある投資の中で、最もサラリーマンに向いているのが不動産投資です。
自分の時間を費やすことなく住空間を提供し、家賃収入を得ていくスタイルの投資法は、節税や生命保険の性格も持ち合わせ、複合的なメリットを享受することが可能です。

こんなことが学べます

自らが投資用不動産オーナーである税理士が伝える不動産投資の魅力。

節税は富裕層だけの特権ではありません。

不動産投資をしていない税理士が話すのでもなく、税理士でない不動産屋が話すのでもない唯一無二のセミナーです。

・なぜサラリーマンは投資をする必要があるのか
・個人は増税、法人は減税
・所得税の決まり方と確定申告
・不動産投資のしくみ
・複合的なメリット
・節税は不確定要素が低いマネーテクニック
・最も大切なこと

参加特典

◆本セミナーでは、講義内容を更に深めていただくために、後日無料にて個別相談も承っておりますので、ぜひご活用ください
◆参加者全員に軽食をお出ししております

講師のご紹介

中山慎吾(東京税理士会所属 税理士)

[大平宏税理士事務所 所長代理]

税理士/CFP/1級ファイナンシャルプランニング技能士/宅地建物取引士/管理業務主任者
東京税理士会所属(登録番号 第 140269号)

1978年生まれ、神奈川県横浜市出身。
明治大学大学院グローバルビジネス専門科修了、MBA取得。
大学卒業後、日興證券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)に入社、日本橋支店にて資産運用コンサルティング課に従事。
その後、「お客様の資産形成を長期的にサポートするには、証券運用だけでなく、複合的なファイナンシャルプランニングを実践する業態を作り出す必要がある」という思いから2007年に個人向け資産運用コンサルティング会社を共同で創業。
CFP(R)の資格を活かし、お客様の資産運用のアドバイザーとして現場に立ちながら、ベンチャー企業の共同創業者として会社の事業規模を拡大。
現在は税理士として個人向けの税務を中心に顧客の資産形成をサポートしている。
自らも投資用不動産を所有し、運用している。