節約はしたいものの、無理をしたくはないという人にお勧めなのが、クレジットカードを利用した簡単節約術です。基本的には普段通り過ごすだけで、少しずつ確実に貯蓄を増やすことができます。こちらでは、その方法についてご紹介します。

クレジットカードで家計を管理

クレジットカードを利用した家計管理術の基本は、できる限り支払方法をクレジットカードで行います。そのため、カードで不必要なものを購入するタイプの人にはあまりお勧めできませんが、無駄遣いをほとんどしない人には向いています。近年では、カードを発行している会社が独自のアプリを提供しているケースが増えており、カード払いしたものは支払先ごと、支払日ごとに自動的にまとめられます。自分で家計簿を作成する必要がなく、毎月の固定費を簡単に把握できますので、家計の見直しをするときに便利です。さらに、クレジットカードは限度額が決められていますので、必要以上の買い物をせずに済む、今月使いすぎたということがすぐにわかるといったメリットもあります。

払い忘れを防げる

カード払いをするメリットは他にもあります。水光熱費やNHKなどの受信料、通信費などは、毎月現金払いにしていると払い忘れることがあります。長期的に支払いを滞納していると、電気やガス、水道などが止められてしまったり、支払い督促料や損害金がかかったりとトラブルにつながりかねません。しかし、クレジットカードで支払うことにしておけば、毎月自動的に引き落としがされるので払い忘れの心配がありませんし、利用明細で金額の管理もでき、面倒くさがりな人でも安心です。ただし、高額の引き落としがあるときには、カードの利用限度額を上回る支出になっていないか確認する必要があります。

ポイントを貯めて特典と交換

クレジットカードによる家計管理術のメリットは、アプリなどを使って支出をチェックして節約につなげられるというだけではありません。多くのクレジットカードでは、利用額に応じてポイントを貯められるようになっています。たまったポイントは、商品や買い物をするときの割引、現金などの様々な特典と交換できます。ポイント付与率はカード会社や利用額に応じて様々ですが、レートの高いところで毎月の生活費の大半を支払っていれば、年間を通して数万円単位のポイントになることも珍しくありません。この特典を使わずに貯蓄しておけば、数年後にはちょっとした旅行や高額商品を購入できるくらいにはまとまった現金になります。

カード会員の割引を利用

家計の節約というと、買い物の量を減らすことばかり考える人がほとんどですが、クレジットカードを使って買い物をする場合には、他の節約方法もあります。これは特に流通系のクレジットカードに多く見られますが、特定のカードを持っている会員は、独自の電子マネーを使って支払いをしたり、カードを提示したりするだけで、普段の商品を割引価格で購入できます。いつも買い物をしている店のカードであれば、年間でかなりの額の割引になりますので、忘れずに取得しておきましょう。時には、割引クーポンの発行や会員限定の商品の案内などもありますので、サービスの良いカードはサブのカードとして取得しておいても損はありません。

無料カードなら経費節約に

クレジットカードは年会費や手数料が高いので持っていないという人もいますが、近年では年会費永年無料のカードも少なくありません。また、手数料に関しては、一括払いに設定しておけば全くかかりませんので、節約目的でカード払いを選ぶときには必ず一括払いにしておきます。ただし、引き落とし日に請求額よりも預金残高が少ない場合には、自動的にリボ払いに切り替わることがありますので、引き落としの時までに必ず預金残高を確認しておきましょう。使い方に慣れてくると、給料をほとんどそのまま口座に残すだけなので便利です。

関連セミナー