私達は毎日、多くの消耗品を使いながら生活を送っています。今当たり前のように使っているものに無駄はないか、他の使い道はないのかと、少し考えてみましょう。たかが消耗品ですが、塵も積もれば山となります。賢く使えば節約にもなり、家計を助けてくれるでしょう。

ラップの節約術

ラップは食品の保存やレンジでの温め時など、手軽で大変便利に使える消耗品です。そのため躊躇なく消費している家庭が多く見られます。しかしラップはある程度の値段がするので、頻繁に使うとなるとかなりの支出となってしまいます。
そこで、冷蔵庫に食品を保存する時はラップを使わず、保存容器を使用するように意識してみましょう。ラップの代わりになる、レンジで使用可能な蓋も安く販売しています。毎回この蓋を使用すれば、ラップを使う頻度はかなり減ります。
通常のラップとは別に、100円ショップのラップを買っておくと便利です。安いラップでも、ちょっとした保存に使うには十分で機能に問題ありません。キッチンや水回りの頑固な汚れにもラップは役立ちます。専用の洗剤をつけてからラップで数分パックすれば、スッキリ綺麗に。100円ラップなら掃除に使用するのに最適です。

ボトルに詰め替える習慣を

シャンプーやハンドソープ、食器用洗剤などは、どれもボトルの詰め替えが可能です。これらは専用のボトル入りで購入するのではなく、最初から詰め替え用を買うのがおすすめ。ボトルはあらかじめお気に入りのデザインのものを購入しておきましょう。100円ショップにも豊富な種類があります。
中身は同じなのに、詰め替え用を買うだけで随分と安く購入ができ、大きな節約につながります。お気に入りのボトルに入っているだけで、生活感がなくなり気分も上がることでしょう。ボトルは定期的に掃除をするのを怠らないようにして、衛星面にも注意して下さい。

新聞紙を最大限に活用

毎日届く新聞は、あっという間に山となります。そのまま資源ごみに出すのも1つですが、せっかくなので節約にフル活用させましょう。
新聞紙には消臭、除湿効果があるので、靴箱や押入れに入れておくと臭いや湿気対策ができます。専用グッズを特に買わなくても、新聞紙で代用が可能なのです。
ぬらした新聞紙をちぎって玄関のたたきにまき、ほうきではき取ると細かい埃や汚れがすっきりきれいになくなります。ガラス窓は、ぬらした新聞紙を丸めて汚れをふき取り、仕上げに乾いた新聞紙でふけば完了。新聞紙があれば、他の掃除グッズや洗剤を買う頻度を減らせます。
キッチンでも優秀に使えます。揚げ物をする時にはあらかじめ床に新聞紙を敷いておけば、調理後に廃棄するだけで床はきれいです。ゴシゴシ拭き掃除や、マットを洗う手間を回避できます。根菜を新聞でくるめば長期保存がききますし、バナナを包んで冷蔵庫に入れると黒くならずに傷みにくいです。食品を長期保存するためのビニール袋も販売されていますが、新聞で十分代用できます。

古着は使い切って廃棄を

下着やTシャツなど、頻繁に着用する衣類は自然と傷んできます。もう着ないと判断したら、捨てる前に掃除グッズにして使い切ってあげましょう。あらかじめ小さめなサイズにカットしておくと、掃除の時にサッと使えて便利。専用の雑巾を用意しなくても、古着があれば良いのです。使用後は洗って再利用しなくてもOK。使い捨てだと思えば、水でじゃぶじゃぶ汚れを洗い落とす手間が省けるので、億劫にならず気軽に使えるのではないでしょうか。古タオルや、穴のあいたストッキングも同様で、掃除に大活用します。廃棄のときは、水気をよく乾かして捨てるように注意して下さい。

まとめ

知恵を絞れば、節約方法は他にいくらでも出てきます。消耗品は通常単価が安く、便利さに惹かれてつい買ってしまうケースが多いもの。しかし家計の節約をしたいならば、何か改善できるところがないかと考える習慣をつけましょう。
普段簡単に捨てているものでも、再利用が可能なものは沢山あります。例えばトイレットペーパーが入っていたビニール袋であっても、適当に破ってしまうとそのままゴミに。でも綺麗に袋を開ければゴミ袋として再利用できます。
些細なことの積み重ねですが、発見した時は嬉しいものです。消耗品のやり繰りをして、エコな生活を目指しましょう。

関連セミナー