生活費の節約を考えると、食費は重要な節約ポイントになります。何も考えずにスーパーで買い物をしていると、外食をしていないのに食費が高くなっている経験はありませんか?スーパーの買い物は、ポイントを押さえることで食費を抑えられます。食費を抑える節約ポイントをご紹介しましょう。

買い物に出る前は冷蔵庫やチラシのチェックを忘れずに!

スーパーで買い物をするときは、事前に確認することが2つあります。1つ目は冷蔵庫の中身のチェックです。スーパーに行って、安い食材を購入しても、冷蔵庫に同じ食材があると食材を無駄にするリスクがあります。冷蔵庫の中にある食材を把握して、何が作れるか、何を買い足すかを把握しておくと無駄がなくなります。2つ目はスーパーのチラシを見て、安い商品と時間帯を把握しておきましょう。例えば、卵に至っては特売と普段の値段に倍近い差がつくこともあるのです。商品を安く購入するだけで、食費を大きく節約することができるでしょう。

財布に入れる金額は制限しよう!

買い物で1回に使う金額は、上限を決めておくことで無駄遣いを減らすことができます。財布にお金をたくさん入れておくと、つい使ってしまうこともあるでしょう。その「つい」が重なると、食費が高くなってしまうのです。事前に財布に入れておく金額を制限することで、決めた上限を超えるリスクが避けられるでしょう。上限金額の決め方は、自分が月に設定した食費から約1週間分の金額を入れるのがおすすめです。例えば、1カ月の食費を6万円に抑えたい場合は、1週間辺り1万2,500円を上限に財布に入れるようにしましょう。1週間のうち買い物をする日にちが決まっている場合は、さらに細かく分けると効果が期待できます。余った金額は、貯金箱などに入れてリセットし、新しい週のお金を財布に入れましょう。調味料など高い出費があった場合でも、貯金箱からお金を出せば、1カ月の設定金額を上回ることはありません。貯金箱にお金が貯まれば、節約が順調であることが実感できます。

事前に献立を決めておこう

冷蔵庫の中身や特売品などを見て、ご飯のメニューを決めておくことも節約には大切です。メニューを決めておくことで、無駄な食材を買うリスクをなくせます。また、冷蔵庫の食材も使用できるので、食材を無駄にすることがなくなるメリットや、特売中心のメニューを作ることで、1回の食事にかかる費用を抑えることができます。無駄を減らすことができれば、少し高い食材を使っても、1カ月の食費の設定金額以内に収めることができ、料理のバリエーションを増やすことができるでしょう。

できるかぎりまとめ買いをしよう!

食材を買うときは、まとめて売られているものの方が安いことが多いです。例えば、玉ねぎの単品よりも、1パック3個入りの商品の方が、1個辺りの値段が安い傾向にあります。お肉も通常のパック商品より、1kgでまとめて販売されている商品の方が、100g辺り10円程度安くなる場合があるのです。冷凍などで保存ができる食品や、日持ちする野菜はまとめ買いをすることで、最終的な食費を抑えることができるでしょう。まとめ買いのメリットは値段以外にも、1カ月の買い物の回数を減らすことが期待できます。

他にもお得なスーパーの購入タイミング!

スーパーではお馴染みの値引きタイム!商品入れ替えのタイミングや、閉店間際には生鮮食品や惣菜が安くなります。半額で購入できる場合もあり、特売品の値段よりも安く買うことができるでしょう。また、スーパーで買い物をするときはお腹を空かせた状態だと、あらゆる食品に惹かれてしまい購買欲が促されます。そのため、無駄遣いをする可能性が高いので、小腹を埋めてから買い物に行きましょう。スーパーにポイントサービスや株主特典があれば、それらを使うのも有効的です。株主優待券などの特典で、通常より安い値段で購入することができたり、ポイントを使って現金を消費しなくてよくなるでしょう。節約する方法はたくさんありますが、一つ一つ癖付けすることで、自分が決めた目標金額を超えることは少なくなるはずです。ポイントを押さえて、節約の達人になりましょう。

関連セミナー