赤ちゃんが生まれるとそれまでの生活とは一変して、大人だけの生活では全く必要のなかった育児用品が家の中にあふれてきます。物理的な意味だけでなく、意外と経済面でも圧迫してくる子供の消耗品ですが、やり方次第で上手に節約することが可能です。

一つのおむつブランド愛用でポイントゲット! 上級者は布製も?

育児用品の消耗品といって筆頭にあがるのが紙おむつです。新生児のうちは2~3時間に一度は交換が必要と言われていますが、交換のタイミングがくる前におしりが気持ち悪くなって泣き出すことも多いので、実際にはそれ以上の頻度で交換することになります。このペースで交換する必要があるのでおむつ代もばかになりません。ブランドもたくさんあるので色々と試したいところですが、メーカーによってはおむつについてくるポイントシールをためると特典と交換できるシステムがあるので、そういったキャンペーンを利用してお得に育児用品を手に入れるとよいでしょう。
また、少量の汚れで交換するのがもったいないというような場合には、おむつ用のインナーを使うことでおむつの大量消費を免れることができます。ミルクを飲んだ量やタイミングなどを考慮して上手にインナーを利用することで、節約へとつながります。
しかし究極の節約術は布製おむつといえるでしょう。初期投資だけであとは洗濯代のみなので、紙おむつに比べて格段に費用をおさえることが可能です。その分自分で汚れを洗い落とす必要がありますが、環境的にもやさしいので興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

子供は成長が早い!普段着はバザーやフリマアプリで購入

子供は成長が早いので洋服もあっという間にサイズアウトしてしまいます。せっかく買ってもほんの数回で着れなくなってしまうということもしばしばです。下手をしたらワンシーズンしか着ることができないため、新品を買うよりも消耗品と割り切ってバザーなどで購入することでかなりの節約へとつながります。幼稚園などでは年に一度のイベントとしてバザーを開催することもあるので、児童館の張り紙やママ友との立ち話から情報を得るようにしておくとよいでしょう。洋服だけでなく、靴やおもちゃ、さらには有志のお母さんたちが入園用のシューズ袋やお弁当袋を手作りして格安で販売していることもあるので、要チェックです。また、フリマアプリなどでもかわいい洋服がリーズナブルに出品されているので、上手に利用することでお得に手に入れることができます。
親戚に少し年の上のいとこなどがいる場合には、それとなく話をしておさがりをもらえるよう根回しをしておいてもよいかもしれません。

100円ショップで育児グッズをリーズナブルにゲット!

育児をしているとちょっとした便利グッズが欲しくなることがあります。子供用品店などにいくと色々と目につきますが、値段との兼ね合いでなくてもいいかなと断念することもあるのではないでしょうか。しかし意外にも100円ショップでこういった便利グッズを手に入れることができるのです。コンセントキャップやベビーカー用のフック、食事用のスタイや中身がこぼれないよう工夫のしてあるお菓子入れなど、様々な便利グッズが販売されているので、育児中の方はぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。高いお金を払ってまではいらないけれど、100円ショップ価格ならば手に入れたいというグッズが次々と目につくことでしょう。

身近にも節約のヒントが。普段からアンテナを張ることが大切

育児をしていると様々なことでお金がかかりますが、オムツのパッケージに目を向けることでポイントシールを見つけることができたり、児童館の掲示板を何気なく見ているうちにバザーがあることを知ることができたりと、身近なところにも節約できるヒントが隠れています。たまたま入った100円ショップの棚で便利グッズに出会うことができるのも、普段からアンテナを貼っているからこそなせる技といえるでしょう。日々の生活を積み重ねることで育児アンテナも敏感に反応するようになっていくので、上手に節約術を身に着けていきましょう。

関連セミナー