「良いスタイルを保ちたい、けれど食べたい」こんな葛藤に苛まれるのは、いつの時代も同じです。そしてできることなら、お金をかけずにダイエットがしたいですよね。

お金をかけてダイエットを成功させる方法はいろいろありますが、まずはお金をかけずにすぐに挑戦できる方法でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事では、今すぐ実践できるお金のかからないダイエット方法を紹介します。

お金のかからないダイエット方法

毎日体重計に乗る

まずは、現実を知ることが大切です。たまにではなく、毎日体重計に乗って日々の変動を意識しましょう。少しの増減で一喜一憂せず、体重が増えてしまった日は「今日は食べる量を減らそう」とか「運動をしよう」と調整すれば、大きく崩れることはありません。

できれば、毎日体重計に乗る時間を同じにするのがおすすめです。起床時や寝る前など決めておくと、変動がわかりやすいですよ。

食べたものを記録する

これは、実際のダイエットプログラムに取り入れられている方法で、「レコーディングダイエット」とも言います。自分が食べたものとカロリーをすべてノートに記録する方法です。食べたものを見てみると「え?こんなに食べていたの?」と驚くかも。

また、量はそんなに食べていなくても、栄養が偏っていることもあります。お肉ばかりだったり、お菓子ばっかりだったり、野菜が少ないなあと気づくかも知れません。カロリー計算が面倒なら、自動で計算できるアプリを利用するのがおすすめです。

主食を控えめにする

みんな大好き、パンにパスタ、そして白米。炭水化物は食べた充足感を得られて、本当に美味しいですよね。

しかし、パンやパスタなどの小麦類を食べ過ぎていると、脂肪燃焼に辿り着かずいつまでたっても痩せることができません。完全に主食なしの食事は味気ないですから「夜ごはんだけお米を食べない」など、ルールを決めて糖質の量を減らしてみましょう。

また、炭水化物を食べる場合は、小麦よりも腹もちの良いご飯の方がおすすめ。さらに白米よりも玄米や雑穀を混ぜるとヘルシーさがUPします。

夕食の時間を決める

できるだけ規則正しく食事を摂ることで「なんとなく食べる」ということが減り、健康的なダイエットに繋がります。寝る時間にもよりますが、夕食は21時前には食べ終えるのが理想的です。寝る時間の3時間前には食べるのをやめた方がいいでしょう。

仕事が忙しくて食べる時間が遅くなる場合は、中華や焼き肉などのボリュームのあるものは避けて、豆腐や雑炊など軽めにすることでフォローできます。

塩分を減らす

これは「塩抜きダイエット」と言い、その名の通り塩分の摂取量を減らすダイエット方法です。塩分はむくみの原因になるため、摂取量を減らすことで余計な水分が排出され、一気に体重を減らすことができます。

むくみ解消の効果をより実感するために、バナナなどカリウムを多く含む食品と水分を多く摂るのがおすすめです。

ただし、塩分は生命を維持するために必要なもの。一切摂取しないのはおすすめできません。味の濃いスープやスナック菓子を控えるなど、無理のない範囲で取り組みましょう。

砂糖を抜く

砂糖の摂取量を減らすのは、ダイエットのキホンです。

市販のお菓子やジュースには砂糖がたっぷりと含まれています。まずはジュースをやめて、お茶やお水にチェンジ!大好きなフラペチーノも我慢して、ブラックコーヒーや無糖の紅茶にしましょう。

どうしてもお菓子が食べたくなってしまったら、洋菓子よりも和菓子を!砂糖を蜂蜜に変えたり、手作りのお菓子で砂糖の量をコントロールするのもおすすめです。

カロリーのある飲み物は飲まない

「どうしても好きな物を食べたい」「我慢できずダイエットに挫折してきた」という人は、飲み物に限定してダイエットを始めるのもおすすめです。

ジュースなどの甘い飲み物、日本酒やビールなど糖質が高いお酒を控え、水やお茶、ハーブティー、コーヒー、ハイボール、焼酎といったカロリーの低い飲み物を選ぶようにするだけでも、ダイエット効果が期待できます。

夕食と翌日の朝食の間を12時間以上あける

これは「半日断食」とも言われる方法です。

夕食と翌日の朝食の間を12時間以上あけることで、胃腸を休めてあげることができます。空腹で朝に目が覚めて食べる朝食は、美味しいですよ。

ダイエットを成功させるコツ

小さなことでいいので継続する

あれもこれもと自分でプログラムを作ってみても、できなければ意味がありません。

毎日の積み重ねこそが成功のへの道ですから、無理をせず小さなことでいいので継続させていきましょう。

たまにご褒美の日を作る

「あれを食べてはいけない」「運動をしなければいけない」など、ダイエットには規制がつきもの。しかし、我慢ばかりしていてはストレスが溜まり、挫折してしまいます。

時には頑張った自分へご褒美の日を作りましょう!「大好きなスイーツを食べる」「ラーメンを食べる」「飲み会に参加する」など、たまにチートデイを作ってあげることで、挫折せずにダイエットを続けていくことができますよ。

ダイエットには波があることを理解する

コンスタントに体重が減るのが理想ですが、どうしても停滞期など、頑張っても体重が減らないときがあります。特に女性は、生理前からむくみがちになり、体重の変動がなくなる場合が多いようです。でも、それは一時的なもの。徐々に体重は減っていきます。

思うような体重変化がなくても、一喜一憂しないことが大切です。ダイエットには波があることを理解しておきましょう。

まとめ

この記事では、お金をかけずにダイエットする方法をご紹介してきました。

是非実践して、理想のプロポーションを目指してみて下さいね。