心ばかりの意味とは?

「心ばかりの」という言葉には「ほんの気持ちですが…」という意味があり、お世話になった人にお礼を差し上げるときや、ささやかなお祝いをするときによく使われます。

しかし、実際に心ばかりのお金を包む場面に遭遇すると、ささやかな金額とは一体いくらぐらいなのか疑問に思いますよね。失礼にあたらないようにと考えすぎて、いくら包めばいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

「心ばかり」のお金はどれぐらい?

相場は決まっていない

「心ばかり」は気持ちを表すものなので、金額の相場は決まっていません。しかし、多くの場合「心ばかり」といえば、3000円~10000円程度を表すことが多いようです。

「心ばかり」は「ほんの気持ちです」という意味をこめて使う言葉なので、たくさんお金を包んで「心ばかりですが」というと、嫌味に思われてしまうかもしれません。

かといってあまりに安い金額ではやはり貰った方もいい気はしないでしょうから、してもらったことや相手との関係性を考えて、気持ちよく受け取ってもらえる金額を考えましょう。

相手に気を使わせない程度の金額、または贈り物が相場

「心ばかり」に相場はありませんが、基本的には相手がもらって負担にならない金額がベストです。相手にもよりますが「もし自分だったらこれぐらいなら貰っても負担にならないな」と思える金額を基準にするのがいいかもしれません。

また、お金ではなく「心ばかりの贈り物」をするのもいいでしょう。お祝いなら、相手が欲しがっているものや、必要だと思うものがおすすめです。お礼なら、日持ちのするお菓子やタオル、花などが無難でしょう。食べ物を贈る場合は、アレルギーを考慮する必要があります。

心ばかりのお金を渡すときのマナー

お金を渡す場合には、マナーがあります。無造作にお金をむき出しのまま渡すのは、逆に失礼にあたり、せっかくの気持ちも台無しです。

相手の方に気持ちよく受け取っていただくために、最低限のマナーは心得ておきましょう。

目上の人に渡すとき

目上の方にお金をお渡しする際には、必ず封筒を使います。当然ですが、銀行に置いてあるようなものではなく、綺麗な封筒を用意しましょう。

封筒の表面に何かを書く必要はありませんが、もし書くなら「心ばかり」と書きます。ただし、高価なものを贈る場合にはかえって失礼にあたることもあるので、気をつけましょう。また、他に「ご挨拶」を使うこともできます。

お金は新札を使用し、向きを揃えて肖像画を内側に向けて封筒に収めます。

自分の名前は書いても書かなくてもいいのですが、会社関係は、後からわかるように書いておいた方が無難です。名前を書く場合は、下の部分の中央に書くようにしましょう。

目下の人に渡すとき

目下の人にお渡しするときには、相手方が気持ち的に負担にならないように、ポチ袋を使います。かわいいデザインのポチ袋を使うと、ちょっとした心遣いも感じられます。

ポチ袋に入れるお札の枚数は、3枚まで。4枚以上になると、袋が膨らんでしまい見栄えがよくありません。また、封をしないで渡すのがいいでしょう。これは、相手の方がすぐに使えるようにという心配りにもなります。

お札の枚数が多くなる場合は、封筒を使用します。封筒の表面に何かを書く必要はありませんが、書くなら「寸志」がいいでしょう。「寸志」は、目上の方から目下の人に対して使う言葉なので、目上の方には使えません。また「寸志」は、お金以外の物などを贈る際にも使うことができます。

まとめ

いかがでしたか?「心ばかり」は相場がないため、ちょっと難しいですよね。

お礼やお祝い、お詫びなどをする際に「心ばかりのお金」をお渡しする際には、「心ばかりですが…」と、言葉を添えると謙遜さが出ます。しかし、金額が大きい場合に使うと嫌味に思われてしまうため、使い方には気をつけましょう。