彼氏の年収が気になる!

 二人の将来を考えると、どうしても気になってくるのが「彼氏の年収」です。もちろんお金が全てではありませんが、お金が生活を作っていくのも事実。

 未来のことを真剣に考えているからこそ、避けては通れないのがお金の話ですよね。彼氏の年収がわかれば、二人の未来を具体的に思い描くことができます。しかし、もしも彼氏の年収が自分よりも低かった場合、どうすれば良いのでしょうか?

彼氏の年収、自分より低いってあり?なし?

 彼氏の年収について「自分よりも年収が低い男性とは付き合えない」という人もいれば「自分が稼いでいれば問題ない」という人もいるでしょう。

 「自分よりも年収が低い彼氏とは付き合えない」という人は、将来への不安が大きいのではないでしょうか。今の時点で稼いでいても、女性は妊娠や出産で仕事を休むことを余儀なくされてしまう場面が出てきてしまいます。結婚して子どもを産んで・・となったときに、彼氏だけの経済力で暮らしていけるのだろうか?と不安に感じてしまうのも仕方がありません。

 一方、経済力よりも精神性や安定性を求める女性は「自分が稼いでいれば問題ない」と思うのでしょう。社会の荒波に揉まれながら戦っている女性にとっては、経済力よりも癒しやあたたかさが重要なのかもしれません。

それとなく年収を聞き出す方法は?

 ここからは、自然に年収を聞き出す方法をご紹介していきます。ただし、年収の格差を気にしているのは、女性だけではありません。彼女よりも稼ぎが低いとプライドが傷つけられてしまう男性も中には存在します。くれぐれも、タイミングや雰囲気を間違えないように気を付けて下さい。

自分の年収をオープンにする

 人間、情報を開示してくれる相手にはオープンになってしまうもの。彼氏の年収が知りたいのなら、まずは自分の年収をオープンにしてみるのがひとつの方法です。ほっとした様子だったら「自分よりも年収が高いかも?」と、リアクションから探ることもできます。

仕事の話から発展させる

 職場の様子や業務の内容などを詳しく聞いてから給料の話に持ち込むことで、自然な流れで年収を聞き出すことができるかもしれません。もしも彼氏が仕事のことで悩んでいたり、転職を視野にいれているなら、相談を聞いているうちに彼氏の方から年収の話をしてくれるかもしれませんよ。

将来の話をする

 二人の将来について考えているのなら、そのことを前置きした上で、素直に「年収を教えて」と質問してしまうのもいい方法です。彼も二人の将来のことを真剣に考えてくれているのであれば、答えてくれるでしょう。プレッシャーをかけないよう、共働きも視野に入れていることを伝えるなど、彼が安心できるように気遣うことがポイントです。

まとめ

 かつては働きに出るのは男性の役目で、家を守るのが女性の役目でしたから、女性は男性の経済力に頼らざるを得ませんでした。しかし、今は女性も社会に出て能力を発揮できる時代。若い世代では多くの夫婦が共働きしている状況です。

 ライフスタイルが多様化している今の世の中において、一概に「彼氏の年収は自分よりも高い方がいい」とは言えません。二人で協力して歩むことができ、自分自身で納得できるなら、彼氏の年収が低くても何も問題はないでしょう。

 しかし、お金が生活の基盤を作ることも事実です。正しいお金の知識を身につけておけば、パートナーと一緒に様々な壁を乗り越えるための助けになります。お金について学ぶなら、まずは無料のマネーセミナーがおすすめです。

FPさんからのひと言

恋人の収入は知っておいた方が良いと思いますか?

はい聞いた方がいいと思います。さりげなくきいてみてはいかがでしょう。

恋人の収入が自分よりも少なかった場合、どうすれば良いでしょうか。

今は収入が低くても夢に向かって今だけは我慢、ということならありかもしれません。でも収入が低いと生活のレベルを下げていくしかありません。でも大好きな彼とずっと一緒にいたいなら、あなたがお金を知識とテクニックを身みにつけて、しっかり支えてあげてはいかがですか。

文・聞き手/@SEMINAR編集部 監修・インタビュアー/宇野泰江