大好きな人との結婚!新しい生活を想像すると、幸せな気持ちでいっぱいになりますよね。

しかし、結婚に向けて色々調べていく中で「え?結婚ってこんなにお金がかかるの?」と驚き、不安になっている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、結婚資金の相場と貯め方のコツを解説していきます。結婚を控えている方や、今から結婚を見据えて貯金を始めたいという方は、是非参考にしてみて下さい。

結婚費用の平均は300~500万円

結婚資金の相場は「300~500万円」と言われています。(ゼクシィによる結婚トレンド調査2018年より)ある程度まとまった金額が必要なので、できるだけ計画的に貯めておくのが理想です。

一般的に「結婚資金」というと、次のようなイベントにかかる費用を指します。

  • ・結婚式
  • ・結婚指輪
  • ・新婚旅行
  • ・新居(引っ越し費用・家具などを含む)

しかし、必要な費用はケースバイケース。時代とともに、結婚のスタイルも変化し、最近ではシンプルな親戚だけで行う結婚式や、そもそも結婚式を挙げないカップルも増えています。結婚式を挙げるか挙げないか、新婚旅行に行くか行かないかなど、選択によって必要な資金は大きく変わってきます。

結婚資金の貯め方

必要金額を計算する

結婚資金を貯めるには、目標設定が大切です。必要な資金は結婚式の有無や規模などによって大きく変わってきますから、まずはどれくらいの資金が必要なのか概算を出してみましょう。

目標金額が決まったら、達成するためにはどれくらいのペースで貯金していかなくてはいけないのかを逆算します。家族の援助が見込める場合は、それも加味して下さい。

目標金額と実際に貯められる金額に差がある場合は、費用の中で削減できる部分がないか考えたり、新婚旅行を先延ばしにするなど、工夫が必要になります。

二人の負担割合を決める

結婚が本格的に決まったら、彼ときちんと話し合い、二人の負担割合を決めましょう。

平等に同額ずつ貯めるという方法もありますし、収入の差や、一人暮らしか実家暮らしかという生活環境の差、家族の資金援助など、貯金のバランスを決める要素は様々あると思います。互いに納得できる落としどころに辿り着くまで話し合うことが大切です。

結婚資金を確実に貯めるコツ

毎月コツコツ定額を貯める

毎月決まった金額を貯めると決めれば、確実に貯蓄することができます。

しかし、目標をあまりにも高く設定してしまうと無理が生じて挫折するので、結婚の時期まで余裕がある場合は余裕のある金額設定をすることが成功のコツです。

給料が入ったら、ます結婚資金を取り分ける!と決めましょう、

共有口座を作る

可能であれば、彼との共有の口座を作るのがおすすめです。

決まった金額を共有口座に振り込む方式にすれば、共同作業をしている実感や互いの責任感も生まれて、楽しく貯金ができますよ。

家計を見える化して、固定費を見直す

毎月定額を決めたものの、ちょっと貯めるのが厳しいと感じたら、現在の家計を書き出して、節約できそうなポイントを見直しましょう。特に、固定費を見直すと節約効果が高いです。

  • ・どちらかの家の更新が迫っている場合、解約して一緒に住む
  • ・通信費節約のために格安SIMに乗り換える

このように、目標時期まで余裕がない場合も、思い切って家賃や通信費などを見直すのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、結婚資金の相場や貯め方のコツを解説してきました。

結婚資金を貯めることは、二人のはじめての共同作業といっても過言ではありません。結婚すれば二人の生活が始まり、さらにお金と向き合うことになります。結婚後のことも視野に入れて、上手に楽しく結婚資金を貯められるといいですね。